産総研グループ(国立研究開発法人産業技術総合研究所および株式会社AIST Solutions)と共同研究を行い、デジタルグリッドルータ(DGR)にてGridForming機能を2024年1月に実機検証しましたので、お知らせいたします。 | 株式会社DGキャピタルグループ | 傘下事業会社の経営、DGコンソーシアム運営、DG関連技術ファンド

お気軽にお問合せください

052-856-9630 受付時間 9:00 ~ 18:00(平日)

お知らせ

お知らせ

産総研グループ(国立研究開発法人産業技術総合研究所および株式会社AIST Solutions)と共同研究を行い、デジタルグリッドルータ(DGR)にてGridForming機能を2024年1月に実機検証しましたので、お知らせいたします。

グリッドフォーミングインバータのデジタルグリッドルータ(DGR)の実機検証を、2024年1月に福島再生可能エネルギー研究所で実施しました。

福島再生可能エネルギー研究所での実機検証に当たっては、6台のデジタルグリッドルータDGR(20kW機3台、10kW機3台)を並列運転させ模擬電源と直結し、周波数応答・電圧応答・瞬低を評価しました。いずれも設計通りの性能を確認しました。

またFREAのDigital real-time simulation(DRTS)を用いて、デジタルツインなどにも応用されるPower Hardware-In-the-Loop(PHIL)試験も実施しました。パワーアンプを介して6台のDGRを系統モデルに連系した状態で、系統モデル上の一部電源を脱落させた際の周波数変化率の挙動を評価したところ、系統電源に対するDGRの割合が20%~80%のいずれのケースでも電源脱落後に系統が安定運用していることを確認しました。試験結果詳細は現在評価中であり、論文等で発表予定です。

なお当社はFREAと同じDRTS装置及びパワーアンプを調達中であり、今年中に当社R&Dセンター(東京流通センター)内に独自のPHIL試験環境を構築予定です。今後は当社R&Dセンター内でもPHIL試験を実施し、DGR評価及び改良をより効率的に行って参ります。

一覧ページへ戻る
<< アラブ首長国連邦(UAE)電気自動車(EV)メーカーNWTN Inc.(Nasdaq)と業務提携覚書(MOU)を締結しましたので、お知らせいたします。
地域マイクログリッド構築を容易に行えることを目的としたGridForming-CellGridシステム「セルグリッドプラットフォーム」開発に向けて、シリーズAラウンド16億円の資金調達を実施いたしましたので、お知らせいたします。 >>
PAGETOP
ページトップヘ